Tel.04-2926-2144

ご予約・お問い合わせ

Renem News
レニーム通信

2014.1.17

頭皮の臭い

■頭がニオう原因

頭のニオイは、頭皮の汗と皮脂が混ざって酸化したものが原因です。 頭皮には、汗腺と皮脂腺があります。

汗と皮脂が混ざり合って、皮膚のバリアの役割を果たしてくれるのですが、いくつかの要因によって、分泌が過剰になり、イヤなニオイやベタつきの原因になります。

次にニオイの元になる頭皮環境を悪くする事について説明しますね。

 

■頭皮環境を悪くする5つの習慣

キチンとシャンプーをしているのに、頭がニオうという人は、以下に当てはまるものがないか、チェックしてみてくださいね。

(1)油っぽい食べ物が好き

(2)タバコを吸う

(3)お酒をよく飲む

(4)野菜より肉中心の食事が多い

(5)スパイスを多く使う味の濃い料理が好き

頭皮と顔は1枚の皮で繋がっているので肌に良くない習慣は、頭皮にも良くないのでまずは、日常生活を見直すことが大事なので、思いあたる人は改めるようにしましょう

また、朝シャンプーをする人は、前日の汚れを溜めて居たり、時間がないのですすぎ残しがあったりします。さらに、ドライヤーをしっかりかけずに外に出ることで、生乾きの髪がニオイのものになる雑菌が増えるので、要注意です!

どうしても朝シャンプーをしなくてはいけないときは、しっかりと髪を乾かしてから出かけるようにしましょう。

最後に、頭皮をキレイに保つシャンプーの基本方法を、参考にしてみてください。

 

■頭皮をキレイに保つシャンプーの基本方法

シャンプーは、一日の汚れを落とすために夜にするのがオススメです。

また、朝とは違い時間をかけて丁寧に洗うことができるし、リラックスタイムともなるので、一日を締めくくるためにもとても大切。 ですが、ただゴシゴシと洗えばいいというわけではありません。

ここでは、頭皮をキレイに保ち、ニオイの発生を抑えるシャンプーのポイントをおさらいします。

(1)シャンプーの前にブラッシングをする

(2)お湯で髪の、脂や汚れを良くおとす

(3)シャンプーは手のひらで泡立ててから髪につける

(4)指の腹を使い、頭皮を揉みほぐしながら優しく洗う

(5)洗い残しがないように、しっかりとすすぐ

(6)シャンプー後は、雑菌の繁殖を防ぐためにすぐに地肌から髪を乾かす(このとき、手ぐしで髪の内側までしっかりと風が入るようにするのがポイント)

 

間違えたシャンプー法は、頭皮に傷をつけて炎症を起こす原因にもなりますので、気をつけましょう。

また、週1度の頭皮クレンジングや、月1度のサロンでのヘッドスパも頭皮のニオイを抑えるのには有効です。 早速今日から頭皮ケアを始めてみませんか?

是非試してみてくださいね

 

2014.1.17 17:29|カテゴリー:未分類|コメント(0)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る

ご予約