お客様に頭皮の色は何色がいいの?と良く聞かれます。

血行の良い頭皮は、実は青白い色なんです

 

青み掛かった透明度のある頭皮は、シワも多く毛が太くて、

1つの毛穴から3本程度の髪も生えている、健康的な頭皮の状態といえます。

この状態を保つことが凄く大事なんです。

 

不健康な頭皮の色の例をいくつかあげてみますね。

「赤ッぽい」

 

頭皮が赤い場合は、紫外線を長時間浴びる事による、頭皮の炎症が起きたりします。

このような状態で汗をかいたり、整髪料をつけたりする事

またはブラシや爪などで頭皮を傷つけた場合も炎症とかゆみを引き起こすそうです。

シャンプーなどをした後に赤くなったりかゆみが出たりするのはシャンプーが合っていないかもしれません

日に焼けた心当たりのない人の頭皮が赤くなっている場合は要注意です。
地肌が赤くなると抜け毛が始まる可能性が高いです。

これは頭皮の血行が悪くなっているかもしれません

頭皮が赤くなる大きな要因の一つが血行不良です。
食生活やストレッチなどや

湯船に浸かって新陳代謝を活発にしてみるのもいいと思います

「ピンク色」

ピンク色の頭皮は酸欠状態や頭皮の老化によるサインの時もあります

慢性的な弱い症状が見られることも多く、このような頭皮には体質的な要因も考えられるのかもしれません

皮膚のバリア機能が低下しているために、頭皮の水分が逃げてしまい保湿が出来ず、

ひび割れを起し乾燥肌になると考えられます

「黄色ッぽい」

原因としては、仕事が忙しくて睡眠時間が少なく

毎日タバコやアルコール類を摂取をする、アトピーや花粉症と言ったような、アレルギーを持っている人に多く見られます。

体内の血流が悪く、リンパの流れも悪くなるので、不規則な生活や日常のストレスによることが多いです

マッサージによって代謝を促進し、癒しの時間をもつなど日常のストレスを和らげるように心掛けて下さい。

毎日、自分の症状に合わせた頭皮ケアを行い

いつまでも同じケアでは美しい髪を保つことは出来なくなっていきますので予防がとても大切なんです。

 

レニームでは頭皮の状態をマイクロスコープで見る事が出来ます!

今の自分の頭皮の状態は・・・と気になってきましたか?

当店で頭皮の状態を見てからヘッドスパをしてリラックスして頂ければと思います。

 

スタッフ一同お待ちしております。